ADMIN
暇はあるけど金はない。エンゲル係数と体重は、なぜだか常に右肩上がりです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年1月26日

携帯電話の目覚ましアラームの音に目を覚ますと、なぜか辺りはまだ真っ暗。
どうやらマレーシアとタイの時差を逆に(?)計算してしまったらしく、朝の4時に起きてしまいました。
目覚ましを6時にセットし直して、もう1度おやすみなさい・・・。

今度こそはきちんと6時に起床です。シャワーを浴びて身支度をして。
荷物は昨夜のうちに整えておいたので、慌てる必要はありません。
ホテルのレストランで軽く朝食を済ませた後、さっそくタクシーで空港へ向かいます。
高速道路が空いていたせいか、思っていたよりも早く空港に到着してしまいました。
マレーシア航空のカウンターでチェックインを済ませ、出国審査へと向かいます。


チェックインはタイ国際航空のスタッフが。

搭乗時間まで時間があったので、ブラブラと免税店を見て歩くことにしました。
特に何を買うつもりはなかったのですが、パッと目にしたランの造花にひと目ぼれ。
「ちょっと高いかな?」とも思いましたが、自分へのご褒美として買ってしまいました。
700バーツ(約2500円)なり。チーン。


スワンナプーム国際空港内のトイレはとってもオシャレ。

買い物もトイレも済ませたところで待合室へと向かいます。
オヤジの姿を探したのですが、どこに行ってしまったのか姿が見当たりません。
搭乗時間も差し迫ってきた頃、ヘラヘラと笑ったオヤジがやって来ました。
ここでも喫煙室を探してあちこち歩き回っていたようです。


クアラルンプール行きの便はF1搭乗口から。

しばらくすると搭乗案内のアナウンスが入ります。
辺りを見回すと空席が見当たりません。行きの便と同様、どうやら満席の模様です。
ところが、離陸の時間はとうに過ぎているのに、なかなか滑走路へと移動しない飛行機。
すると機長からのアナウンスが入りました。それによると・・・

「チェックインをしたはずの乗客の姿が見当たらない。」
「安全規定により、その乗客の荷物を下ろさなくてはならない。」
「そのために離陸の時間が遅れた。」

とのことでした。
しかしながら、ワタシとオヤジの間では、全く別のストーリーが出来上がっていたのです。
そのストーリーとは・・・

「旅行、もしくは商用でバンコクにやって来た彼。」
「その彼がバンコクでタイの女性と恋に落ちてしまう。」
「帰らないで、とすがる彼女を振り払い空港に向かう彼。」
「チェックインをしたが、彼女のことを忘れることが出来ない。」
「彼はこのまま彼女のところに引き返すことを決心した。」

こうして、ワタシたちによる勝手なラブストーリーが出来上がってしまっていたのでした。
結構本当だったりなんかして?!

その後、ワタシたちの乗った飛行機は無事に離陸。
行きの便と同じような機内食を食べると、どうやらオヤジは深い眠りについたようです。
ただ、その眠りが深すぎたのか、「グウォ~!」といういびきをかき始めました。
立派なお腹を指でツンツンしてみたのですが効果がありません。
グーで脇腹を力いっぱいグリグリしてやると、ようやくいびきが収まりました。


ボーイング737の機内は3-3席の配列。

クアラルンプールに到着し、マレーシアの入国審査を済ませます。
いつもの通りパスポートをチェックすると・・・あれ?出入国カードの半券がありません!
審査官にこのことを尋ねてみると、何でも最近廃止になったそうで。
全然知りませんでしたよ。みなさん、知ってました?


クアラルンプール発ランカウイ島行きのマレーシア航空1450便。

ランカウイ島行きの飛行機もほぼ満席です。
新婚旅行らしきアラブ人のカップル、中国からのグループなど、とっても国際色豊か。
耳を傾けるといろいろな言葉が聞こえてきて、それだけでもいい暇つぶしになりました。

ランカウイ空港に到着すると、オヤジのスタッフが迎えに来てくれました。
出発の日に預けておいた車の修理も済んだようです。
家に帰ると、さっそくコッコちゃんが出迎えてくれました。
4日間もひとりぼっちで寂しかったのでしょう。「ニャーニャー。」と大騒ぎです!
ゴメンね。ひとりで寂しかったね。お留守番ご苦労さまでした。


ランカウイ空港の到着ホールではランの花がお出迎え。

今回のバンコク旅行では観光地らしい場所に行くことができませんでした。
というわけで、勝手にリベンジ決定!
次回は是非ともバンコク中の名所を回ってみたいものです。
「王宮」とか「水上マーケット」とか「ワット・アルン」とか・・・。

終わり。

長々と読んでいただきましてありがとうございました。
これほど為にならない旅行記もなかなか珍しいのではと思いますが、
少しでもみなさんに楽しんでいただけたら幸いです。
スポンサーサイト





先週一時帰国した時、
名古屋の飛行場でシカと抱き合う日本人男性とロシア系女性を目撃。
そこまでは良かったんだけど・・・大勢の前で、
熱ーいキス。 キス。 キス。

                     (゚-゚;)ウーン

近いうちにタイへ行こうと決心したsayaです。
2008/02/18 11:26 | URL | saya #mQop/nM. [ 編集 ]
「グーで脇腹をグリグリ」ですね!
とっても為になりましたv-218

Nurullyさんはマレー語が上手ですね。
あの声はマレーシア人かと思ってしまいました。
2008/02/24 18:18 | URL | Sanae #OTK4o7r. [ 編集 ]
e-397sayaさん
ワーオ!それは凄い現場に遭遇ですね!
熱いのはラテン系だけかと思っていたけれど、
ロシアもなかなかお熱いようで。
ワタシもタイへのリベンジ決定ですよ。
次回はハジャイからエアアジアでバンコク入り!

e-397Sanaeさん
「グリグリ」を指の関節でやるのがコツです。
こんなことを書くと鬼嫁だと思われちゃうかしら?
うーん。上手かどうか自分では分かりませんが、
マレー語でないとオヤジと会話が成立しないものですから。
いつまでたっても日本語を勉強する気がないようです。
2008/02/27 23:54 | URL | nurully #EBUSheBA [ 編集 ]













管理者にだけ表示を許可する



Trackback URL : http://langkawiboleh.blog108.fc2.com/tb.php/66-8daa8474


| HOME |


Design by mi104c
Copyright © 2017 Bisikan Hati. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。