ADMIN
暇はあるけど金はない。エンゲル係数と体重は、なぜだか常に右肩上がりです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近のランカウイ島ですが、毎日とっても良いお天気が続いています。
例年より長く続いた雨期もようやく終わって、待ちに待った乾期がやって来たようです。
せっかく新しいデジタルカメラも買ってもらったことだし、
写真撮影の練習も兼ねてランカウイ島の風景を撮っていきたいと思います。

今回はパンタイコック(コックビーチ)とブラウベイの風景を撮ってみました。
この日は波も穏やかで、海の水も透き通っていましたよ。ああ、気持ちいいぜー!





「好きこそものの上手なれ」とも言いますし。
数をこなすうちに、ワタシの写真の腕も上がっていくのでは、と期待をしているのですが。
つたない写真が続くかもしれませんが、のんびりお付き合いいただけたら幸いです。

みなさん、これからもどうぞヨロシクお願いいたします。
スポンサーサイト
1週間ほど前のことになりますが、新しいデジタルカメラを購入しました。
オヤジが仕事で使っていたカメラを紛失してしまったために、
ずっとワタシのカメラを貸してあげていたのです。
ところが!そうすると、ワタシの写真家としての活動に大きな支障が出てしまいます。
「このままではいけない!」と、またまたオヤジからお金をふんだくって、
クアタウンまでちょっくら買い出しに出かけてまいりました。



こちらが今回新しく購入したデジタルカメラ、フジフイルムの「FinePix F50fd」です。
「今使っているカメラと同じモノが使いやすいだろう。」という単純な理由で選んだのですが、
やっぱり使い慣れたものが一番ですね。説明書なんて読まなくてもバッチリです。
あっ、説明書を読まなくても大丈夫なのは、「オート設定」しか使わないからでした。(汗)

ここで悔しくてたまらないのが、今までワタシが大切に使っていたカメラを、
何事もなかったかのようにオヤジが使っているということです。
全て「オート設定」で撮影しているはずなのに、
どうやったらあそこまでピントのずれた写真ばかりを撮ることができるのでしょうか?





上の写真は両方ともオヤジが撮影したものです。
ピントがずれたことに気付いて撮り直したところまでは良かったのですが、
今度は被写体の位置が・・・。はあ。カメラがもったいない!

追記:
写真の中の生き物は「トッケー」といいます。
毒を持っていて危ないそうなので、触らないようにしましょう。
先月のことですが、ランカウイ島に旅行に来ていたワタシの両親を連れて、
知り合いがやっているおみやげ屋さんに行って来ました。



お店の名前は「ガヤミナミ(Gaya Minami)」といいます。
パンタイテンガーの通り沿い、アセアニアリゾートとフランジパニリゾートの間にあります。





そして、こちらが有名な「なまこ石鹸」です。かわいいバティックで包んでありますよ。
お値段は5リンギ(約175円)です。



ワタシ母も「なかなか洒落たものが置いてあるねえ。」とご満悦の様子。
ワタシ父と一緒に、貝殻がはめ込まれたネックレス、マンゴーの木から作られた花瓶、
ネコの置き物などを買っていましたよ。
みなさんもランカウイ島に旅行に来た際にはぜひ寄ってみて下さいね。

Shop Lot 5, Tropical Resort, Jalan Teluk Baru,
Mukim Kedawang, 07000, Langkawi, Kedah, Malaysia.
Tel/Fax : 04-9557550
Business Hour : 12.00pm-10.00pm
Closed on Friday

追記:
店主のサプラさん(日本人)は12~20時の間のみお店にいらっしゃるそうです。


ランカウイケーブルカーですが、
11月13日から14日まで、メンテナンス作業のために運休するそうです。
きれいな花でも見て、ちょっと心を休めてみましょう・・・。



ちょっと。そこのあなた。「この花、あんまりきれいじゃなーい!」とか文句を言わないこと。
ランカウイ島に遊びに来ていたワタシの両親が日本に帰って以来、
オヤジの仕事を手伝うために、毎日のように「ブラウベイ」という所に行っていました。
「何か良いことないかなあ。」などと考えながらとぼとぼ歩いていると、
ハウスキーピングのお姉さんに食べ物をねだっているリーフモンキーを発見!
慌ててホテル内の売店にピーナッツを買いに走り、先ほどの場所に戻ったのですが、
すでに別の場所に移動してしまったようでした。残念!

せっかくのチャンスを逃してしまったことにガックリのワタシ。
とぼとぼとプールの裏を歩いていると、頭の上で木の枝が揺れる音が聞こえてきます。
何だろうと顔を上げてみたところ・・・



木の上でお食事中のリーフモンキーを発見!
ピーナッツを見せたのですが、花を食べるのに夢中で完全にワタシを無視しています。
「ピーナッツだよ。美味しいよ。」とリーフモンキーに話しかけていると、
後方からバサバサと木の枝が揺れる音が聞こえてきます。
何だろうと振り向いてみたところ・・・



このリーフモンキーが、ピーナッツ目当てにワタシの方に近付いて来たのです!
手の平にピーナッツを乗せてリーフモンキーの前に差し出してみたところ、
特にワタシのことを怖がる様子もなく、指でつまんで器用に口へと運んでいきます。
写真の中で「おちょぼ口」になっているのは、
口の中いっぱいにピーナッツを詰め込んでいるからなんですよ。

しばらくするとワタシの左側に別のリーフモンキーの気配が。
「さあどうぞ。」とピーナッツを差し出したワタシ。
そのリーフモンキーを見た途端、ビックリしてしまいましたよ。と言うのも・・・



赤ちゃんを連れたお母さんリーフモンキーだったからなんです!
ワタシ、初めて見ました。赤ちゃんリーフモンキーって、こんな黄金色をしていたんですね。
お母さんと比べると全然別の生き物みたいです。



ちなみに、最初の写真のリーフモンキーが食べていたのがこの花です。
ネットで調べてみたところ、「オオバナソシンカ」というらしいです。
通りで以前からこの花のある場所でリーフモンキーをよく見かけるわけですね。



| HOME |


Design by mi104c
Copyright © 2007 Bisikan Hati. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。