ADMIN
暇はあるけど金はない。エンゲル係数と体重は、なぜだか常に右肩上がりです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のランカウイ島旅行でワタシたち親子が滞在したのが、
「シェラトン・ランカウイ・ビーチリゾート(Sheraton Langkawi Beach Resort)」です。
両親の分の宿泊代と朝食代はパッケージに含まれているので、
ワタシのエキストラベッド代と朝食代をチェックアウトの際に支払いました。
最終日のガイドさんの空港へのお迎えが19時30分と遅かったため、
18時までのレイトチェックアウトもお願いしました。

エキストラベッド代150リンギ(約5550円)/1泊分
朝食代35リンギ(約1300円)/1回分
レイトチェックアウト代30リンギ(約1100円)/1時間

実はここ、ワタシが初めてランカウイ島に旅行に来た時に滞在したホテルなのですよ。
当時も素敵なホテルだったのですが、ロビーエリアやレストランが全面的に改装されて、
12年前よりもずっと素敵に姿を変えていました。
スタッフのみなさんもフレンドリーでサービスもテキパキとしていて、
快適なホテルライフを過ごすことができました。ありがとう!







これと言った不満はなかったのですが、サルに追いかけられたのにはビックリしました。
ロビーに用事があったので散歩ついでに歩いて行こうと部屋を出ると、
ワタシに向かって走ってくるサルがいるではないですか!

ワタシ「ギャー!お父さん、早くドアを開けてー!」

ワタシ父がすぐにドアを開けてくれたおかげで助かりましたが、
どうもワタシはサルに嫌われているようで、サルに襲われる運命にあるようです。
ベルマンが言うには・・・

「サルに背中を向けて逃げてはいけない。」
「サルと同じ姿勢になって、シャーッ!と威嚇すると良い。」

そうです。
今後「シェラトン・ランカウイ」に滞在予定の方で、部屋がテニスコートの近くになったら、
上のアドバイスを参考に、ぜひともサルと戦ってみて下さい。
ちなみに、ワタシが滞在していた部屋の周りにいたのは40匹くらいのグループでした。
ガクガクブルブル・・・。
スポンサーサイト
20日から24日まで、日本からワタシの両親がランカウイ島に遊びに来ていました。
最初はH○Sのツアーで「タンジュンルーホテル」に5泊する予定だったのですが、何と!
ホテルが満室で、しかもキャンセル待ちさえ受け付けていないとのこと。
急遽J○B主催のツアーに変更し、飛行機をビジネスクラスにランクアップし、
「シェラトン・ランカウイ・ビーチリゾート」に4泊の旅行になりました。



「こんな絶好のチャンスを逃してなるものか!」と、両親のチェックインに同行するワタシ。
スーツケースに着替えを詰め込み、オヤジからお金をわんさかとふんだくって、
束の間のホテルライフを楽しんで来ました。
両親の分の宿泊代・朝食代はパッケージに含まれているため、
ワタシの分のエキストラベッド代・朝食代を払いました。
4泊で740リンギ(約25900円)なり。

少しずつランカウイ旅行の様子をアップしたかったのですが、
「仕事で使うから。」と、オヤジにデジタルカメラを奪われてしまったために、
写真がとーっても少ないです。あーん。悔やしい!
先週のことですが、クアタウンにある銀行で定期預金をして来ました。
とりあえず1年間預けることにして、その利率が3.7%でした。



と言うことは・・・。
300万円を預けると、1年後には11万円も配当金がもらえて、
日本に里帰りする際のワタシのフライトチケット代が稼げてしまうのですね。
預金額をもっと増やせばビジネスクラスも夢じゃない!
ああ、夢がどんどん膨らんでしまうわあ。
今日からオヤジの尻をバチバチと叩いて、今まで以上に稼いでもらわなくっちゃね!
夢は・・・

ラッフルズクラスで行く日本への里帰り!
断食明けのお祝い「ハリラヤ」に、各家庭で用意されるお菓子を「クエラヤ」と言います。
自分で作ったり、知り合いに注文したり、お店で買ったりするものなのですが、
ワタシ、今までにそれらを作ったことも買ったこともありません。
どうしているのかと言うと・・・全て「貰い物」なんですねえ。へへへ。
今年もたくさんの「クエラヤ」を頂いたので、ここで紹介させていただきたいと思います。





上の写真のお菓子ですが、オヤジ母がワタシのために注文してくれた「クエラヤ」です。
どれも全て、昔からマレーシアにあるお菓子のようですよ。
ボトルに入っているのが「クエスペッ」、左側にあるのが「クエバフル」、
それ以外は名前が分かりませんでした。
本当は袋から出してお皿に綺麗に並べた写真を載せたかったのですが、
封を切ってしまうとすぐに食べなくてはいけないし、ワタシったら現在ダイエット中だし。
近々ランカウイ島に遊びに来るワタシ両親にあげてしまおうかと目論んでいるところです。



こちらは大工さんの奥さんから貰った「クエラヤ」です。どうも全て手作りのようですよ。
本当はもっといろいろな種類の可愛いクッキーがたくさんあったのですが、
ワタシが写真を撮る前にうちのオヤジが全て食べてしまいました。

ワタシ「まだ写真を撮っとらんかったやろうがあ!」
オヤジ「ゴメンナサイ・・・。スミマセン・・・。」
ワタシ「指突っ込んででも元の通りに吐き出してもらおうか。」
オヤジ「オエッ!出ませんでした・・・。」

バカ夫婦ですみません。お見苦しいところをお見せしてすみません。

こんなにたくさんのお菓子が家の中にあると、その誘惑に負けて食べてしまいそうです。
ワタシのダイエット、大丈夫なのか?!
さて。昨日は断食明けのお祝い「ハリラヤ」の1日目でした。
昼頃にモソモソと起き出してきたうちのオヤジ。
「腹が減った。」と言い出したので、さっそくマクドナルドに行って来ましたよ。

通常であれば、おそろいの制服を身につけているマクドナルドのスタッフ。
昨日は全員「バジュラヤ(ハリラヤ用の晴れ着)」を着てお仕事をしていましたよ。
隣接されているスーパーマーケットのスタッフも「バジュラヤ」を着ていました。
なかなか素敵なはからいです。



今日は「ハリラヤ」の2日目。
ワタシですが、本日から6日間の断食(Puasa Enam)に入ります。
当分の間、「ハリラヤ」のご馳走はおあずけですが、
この6日間の断食が開ける20日に、もう1度「ハリラヤ」をお祝いする予定です。
オヤジよ。頼むからワタシの期待を裏切らないでくれよ。リクエストは・・・

「The Loaf」のエビバーガー!!
今年の断食も残すところあと1日となりました。
今年はオヤジの仕事の関係者を招待しての食事会が多かったために、
普段よりも出費がかさんだような気がするのは気のせいでしょうか。
ゲストのみなさんに喜んでいただけたようなので、スポンサーとしても満足なのですが。
ただ、ハリラヤを祝っての食事会をやりそうな予感がするのは、ワタシだけかしら。

ああ、さらなる出費。がんばれ!零細企業!

ワタシの愚痴はこれくらいにしておいてと。
ワタシも2回ほど食事会に参加させてもらったのですが、こんな所に行ってきました。





上の写真は「ランカウイラグーンリゾート」のレストラン、
下の写真は「カンポントセ二リゾート」のレストランです。
どちらのレストランもビュッフェスタイルで、料金は大人ひとり約900円でした。
本当は、シェラトンホテルでディナーのはずだったんだけれど・・・。
まあ、オヤジの会社持ちだから良しとするか。
でも、これって得してるのかしら?損しているような気もするけれど。(汗)

なんと!20日からワタシの両親がランカウイ島にやって来ます。
ちょっとばかり遅れてではありますが、旅行者気分でハリラヤを楽しんでしまいますよ!
どうぞみなさんも良いハリラヤをお過ごし下さいね。

Selamat Hari Raya Aidilfitri. Maaf Zahir dan Batin.
今年の断食も残りわずかとなりました。
今日は、ワタシが断食開けの食事でいつも食べている定番をご紹介したいと思います。
それがこちら。



これは「ナシウラム」と言います。マレーシア風ハーブ入りまぜご飯とでも言いましょうか。
数種類のハーブや薄切りタマネギ、煎ったココナッツなどが入っています。
風味が良くてピリッと辛くて、とっても美味しいんですよ。
今年の断食期間中はこればかり食べています。
1パックたったの1リンギ(約35円)でお腹もいっぱい。他には何もいりません。

オヤジは、この「ナシウラム」に焼き魚などのおかずをプラスします。
基本的に我が家では好きなモノを各自で好きなだけ購入するシステムなので、
お互いに何を買おうが何を食べようが、干渉はいたしません。
ただし!食べ残しには口うるさいですよ。だって・・・

もったいない!もったいない!
オヤジ母の家はランカウイ空港滑走路のすぐ脇にあります。
先日突風に吹き飛ばされた屋根の様子を見るついでに、空港の写真を撮って来ました。



写真の真ん中に見えるのが管制塔。
その左側にある平たい屋根の建物は「マスリ国際展示場」、
管制塔の右側にあるお城のような屋根の建物は「ホテルへラン」、
その手前にあるギザギザ屋根の建物がランカウイ国際空港です。
見ての通りとっても小さな空港です。





上の写真はペナン島に向かう「ファイアーフライ航空」、
下の写真はクアラルンプールに向かう「エアアジア航空」です。
しょぼいズームで撮ったために、しょぼい写真になってしまいました。
大目に見てちょうだいな。

今回はこの2機しか写真に収めることができませんでしたが、
チャーターフライトなどで飛んで来る変わった飛行機を見かけることもありますので、
ぜひぜひ写真に収めてみたいものです。こうご期待?!
昨日のお昼のことです。
ワタシがオヤジの仕事の書類作りを、オヤジがテレビの前で昼寝をしていると、
突然オヤジ母から電話がありました。
何事かと思い、その会話に聞き耳を立てていると・・・

オヤジ「うん、分かった。すぐに行くから。大丈夫、大丈夫。」

何のことかさっぱり分からないワタシ。何が起こったのかオヤジに聞いてみると、何と!
オヤジ母宅の屋根が全部吹っ飛んでしまったのだとか。
オヤジ母宅はランカウイ空港滑走路のすぐ脇にあるのですが、
どうもその近辺で規模の大きな竜巻か何かが起こったらしいのです。

いつもは何だか頼りないうちのオヤジですが、昨日ばかりはいつもと違っていましたよ。
現在取りかかっている仕事現場から大工さんを連れ、材木屋から新しい屋根を取り寄せて。
マレー人には珍しく、大変迅速な対応を見せてくれました。さすがは土木建築業者!

話を聞きつけた代議士(?)さんもオヤジ母宅の様子を見に来ていたのだそうですが、
「息子が土木建築業者なら大丈夫。問題ないな。」
なんて、冗談だか本気だか分からないようなことを言い出して。
この代議士(?)さんはオヤジがお世話になった学校の先生だそうですが。アワワ・・・。

多分「UMNO」から多少の援助金が頂けるのではと思うのですが、
それより何より、断食明けのお祝い時期に重ならなくてほんとに良かったです。
そんな時期に仕事をしてくれる大工さんもいなければ、
お店を開けている材木屋さんもいませんからね。

被害が思った以上に大きかったため、今日も屋根の取り付け作業を行っています。
他にも被害にあわれた方がいらっしゃるようなのですが、大丈夫だったのかな?
近所の人たちが助けてあげてくれてるのかな?

追記:
ウィキペディアによると・・・
UMNO(United Malays National Organization)
マレーシアの最大政党で、与党連合・国民戦線の創立メンバーである。
マレー系住民の政党。



| HOME |


Design by mi104c
Copyright © 2007 Bisikan Hati. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。